自動車保険のいろいろな特約

自動車保険にはいろいろな特約があります。
これらをうまく利用することで自分にピッタリのかつお得な自動車保険を
まるでオーダーメイドするかのような感覚で作っていくことができます。

たとえば保障されるドライバーを限定する特約があります。

車を運転するドライバーは年齢が若いほど事故を起こしやすいという統計があるので
年齢が一定以上のドライバーは保険料が優遇されるのです。
これを年齢制限特約と言って18歳からカバーする全年齢を保障する保険はその分保険料が高くなっています。
もし運転するドライバーが35歳以上の方のみであればかなり保険料を安く抑えることができます。

同じように保障されるドライバーを制限する特約があります。
同居の家族のみに絞る特約、同じように本人と配偶者のみという特約もあり、
さらに本人限定という特約もあります。
これらは保険料を引き下げるのに大きく役立ってくれます。
これらのドライバー限定の特約は一か月単位でつけたり外したりできるので
他のドライバーが運転する予定が分かっている場合には月単位で変えることができます。
こまめな見直しで保険料を節約できるのです。

また年間走行距離によって保険料が決まるという特約もあります。
走る距離が長ければ長いほど事故に合う確率は高いと言えます。
逆に自動車保険に入っていても普段めったに車に乗らないという人もいるはずです。
こういったことから走る距離による自動車保険ができたのです。

この場合は年間の予想の走行距離を申告してその距離が短いほど保険料も安くなります。

ただし予想した走行距離よりもたくさん走ってしまいそうな場合は事前に保険会社に申告することも必要になってきます。

そのほかの特約や割引にはゴールド免許割引や、安全装置の割引があります。
ゴールド免許を持っている人が自動車保険院加入する場合かなりの割引がありお得です。
契約車両の割引としてはABS割引やエアバック割引、エコカー割引に盗難防止装置がついている場合にも割引になります。

色々な割引や特約を利用してお得に入りたいですね。