自動車保険に新規で入る場合

車の免許を取ってこれから自分の車を購入して、どんなところにドライブに行こう!
と期待に胸を膨らませているかたもいらっしゃることでしょう。
車の車種はこだわっても加入する自動車保険の事は人任せ、ということはないでしょうか。

車の所有者には自動車保険の加入が義務付けられています。
正確に言えば自賠責保険の加入なのですが、自動車保険の事にはあまり詳しくないので
よくわからないという方もとても多いのです。

まず、新規に自動車保険に加入する際に必要なものがあります。

それは車検証と免許証です。
継続契約の場合はこれに保険証券が必要となってきます。

そして新規で加入する場合にチェックしたい点は家族に11等級の人がいないかどうかです。
実は保険加入の際に新規の場合6等級というステージから始めることになるのですが
1年間無事故だと、1等級上がっていくという保険料を決めるシステムがあります。
家族に11等級の人がいれば7等級から加入できると言うメリットがあります。
セカンドカー割引などという特約名称がついていることもありますが
新規に加入する際は要チェックです。

さて、いよいよ自動車保険に加入するとなった際に、
いろいろな方法がありますが大きく分けて
インターネットで加入する方法と、代理店で加入する方法があります。

昔は保険と言えばまず代理店での契約が多く、生命保険も自動車保険も
外交員の方に説明を受けて加入するのが一般的でした。

でも現在ではインターネットによる加入もとても増えています。

代理店加入によるメリットは何と言っても人と人で対面しますので
分からないことなどがあったら徹底的に聞けるということです。
顔を見て話を聞けるので安心です。

そしてインターネットでの契約のメリットはなんでしょう。
これは保険料のコスト削減ができるという点です。
インターネット契約の場合人件費がかからないのでその分安い値段に保険料を抑えることができるのです。

自分に合った契約方法を取るのがおすすめです。