自動車保険の保険料に関わってくる年齢

自動車保険料と加入する人の年齢には大きな関係があるのをご存知ですか?

一般的に生命保険の場合は若い人ほど保険料が安くなります。
というのも若い人は病気などにかかる確率が、年配の人に比べてとても低いからです。
保険会社が支払うリスクが低いので保険料も低いのですね。

ところが自動車保険の場合にはこの反対です。
自動車保険は年齢が若い人ほど保険料が上がってくるのです。
これにも理由があって統計をとった結果自動車事故に合うのが若いドライバーのほうが多いというところからきています。
年齢を重ねたドライバーは実際にはあまり運転をしない場合も多く
ゴールド免許などを持っている優良ドライバーであることも。
そういった理由から年齢が上のドライバーは事故を起こすリスクも低いので
その分保険料が低く抑えられているというわけです。

一般的な年齢区分では一番保険料が高いのは全年齢担保です。
全年齢担保は運転者18歳以上を補償しています。
免許取りたての若者が家族にいる場合にはこの全年齢担保の保険にはいるのです。

さらに区分として保険料が高い順に運転者21歳以上を補償した21歳未満不担保 、
運転者26歳以上を補償した26歳未満不担保、
運転者30歳以上を補償した 30歳未満不担保
運転者35歳以上を補償した35歳未満不担保と分けられます。
35歳未満不担保が保険料が一番安いのです。

ですから今までは両親のみが運転手だった過程で年齢区分の特約を付けていた場合でも
子どもが18歳になって自宅の車を乗るようになるのであればただちに年齢条件を見直すべく保険会社に連絡する必要があります。
特に運転したては不慣れで事故を起こす確率も高いので注意が必要です。

友人の車など年齢制限のある車を気づかずに運転してしまうことも考えられますので
運転する車の年齢制限などの条件は常に確認してから乗るべきです。

一方で運転する人が決まっている車は、保険料を下げるためにこういった年齢区分の特約を付ければ かなり保険料が下がります。