自動車保険の自賠責保険、任意保険の違いはどんなもの

自動車保険って難しくて仕組みがよくわからないという人もいることと思います。

自動車保険には自賠責保険という強制的に加入しなくてはいけない保険と
自動車保険の任意加入のものがあります。

自賠責保険は自動車を所有している人がすべて入らなくてはいけないものです。
もし有効期限が切れたまま乗っていたら懲役1年以下または罰金が科せられるというものですから注意が必要です。

自賠責保険は事故にあった被害者のための保険です。
交通事故で怪我をしてしまったり、障害を負ってしまったりあるいはなくなってしまった場合の残された遺族の方に最低限の補償ができるようにと加入する保険なのです。
交通事故はなければない方がいいのですが、絶対とは言い切れません。
毎年たくさんの人が交通事故にあっていますので他人事ではありません。
事故を起こしてしまった場合の金銭的な面での最低限の補償ができるように加入するのが自賠責保険です。

自賠責保険は自分に対する保険ではありません。
事故の被害を受けた相手に対する保険なので、自分のための治療費用や車の修繕費としては使えません。

もし事故を起こしてしまった場合、この自賠責保険で補償されるのは最高後遺障害の4000万円までです。
でも実際には4000万円を超える支払い命令が出ることもたくさんあるのです。
これを超える額を補償しなくてはいけない場合に備えるのが任意保険です。

自賠責保険が事故の相手のみを保障するのに対して、
任意保険はその対象が幅広いのが特徴です。
たとえば、物損事故などのガードレールや家など物に対する保障、
事故で自分自身が怪我や死亡してしまった場合の保障、
事故により車が壊れてしまった際の修理費用や買い替えなどの保障などです。

今までの事故の経験を活かしてどのような保障が必要なのか、
各保険会社がつけている特約はそれらの経験を活かしたものです。
任意保険とは言いますが、この自動車保険も必ず入るべき保険なのです。

トイプードルブリーダー シルバー
トイプードルと過ごす至福のひと時